11/2(土)オープニングレセプション

こんにちは!

武蔵野美術大学 アートプログラム青梅学生サポーター広報班です。

 

今回はアートプログラム青梅「雲をつかむ作品たち」の初日に行われた

青梅市美術館でのオープニングレセプションの様子をレポートしたいと思います!

 

会場はこんな感じでした。

 

 

今回のレセプションでは出展される作家さんや、その他関係者の方々が多く集まることとなりました。

アートプログラム青梅の概要や現代アートについてのレクチャーを受け、時には議論し、

また、作品のコンセプトを実際に作家さんからお話頂く貴重な場となりました。

今回出品される作家の方々

 

東京都庭園美術館の学芸員を務めていらっしゃる関昭郎さんからは

「アートはモノではない、デザインはカタチではない」という題目のもと基調講演をして頂きました。

作品自身の造形の美しさだけでなく、そこからイマジネーションを拡げどう人々に伝えていくのかといった

現代アートについてのお話を実際にスクリーンで作品を写しながらお話して頂きました。

関昭郎さん

 

また作家の方達のトークでは、作品を作る側の視点から現代アートについて議論されていて、

自身の作品についてのお話など普段聞けない様々なお話を聞くことができました。

お話頂いた作家の方々

 

このようなお話を伺うことは私たち学生にとってとても貴重でこれからの学びにも

影響するとても良い経験となりました!

これからアートプログラム青梅をより深く味わうことができると思います。

 

様々な作家の方々の様々な思想が青梅に集まった今回の展覧会、

アートプログラム青梅は12/8まで行われています!

みなさん是非足をはこんでみてくださいね。

 

今後、ギャラリートークや学生展のガイドツアーも行われますので

興味のあるは方お気軽にご参加下さい!

 

●アーティストによるギャラリートーク

日時;11月16日(土)、30日(土)各日14:00-15:00
会場;青梅市立美術館2 階展示室
定員;20 名(先着順、予約不要、当日時間までに会場にお越しください)
参加費:無料(ただし要観覧料)

 

●学生展ガイドツアー

日時;2013年12月1日(日)11:00〜12:30

集合場所;青梅駅前・MO ギャラリー

 

またtwitterのほうでも随時情報を更新しておりますので チェックしてみて下さいね。

よろしくお願いします。

アカウント→@oume2013

 

 

コメントを残す