11/30(日)ギャラリー・トーク

こんにちは!

アートプログラム青梅 武蔵野美術大学学生サポーター 広報班です。

最近寒い日々が続きますね!みなさん体には気をつけて下さいね。

 

今回は11/30(日)に行われたギャラリー・トークについてレポートしたいと思います。

 

青梅市美術館内での出展作家の方々にお一人ずつ作品についてお話をして頂きました。

参加した方々は学生展の作家さんや明星の学生さんなど、若い方々が多いようでした。

作家さんに作品を前にして解説をして頂くということはとても貴重な経験となりました。

原田丕さんは青梅在住ということもあり、青梅の山の景色や現代社会、崩壊などをテーマに描いていたそうです。

実際に作品をみながら解説して頂くことで、作家さんの作品に対する思いを知ることができ、絵を見る目も変わりました。

 

また、作品についてだけでなく現代美術や昔の美術の傾向などについても合わせて解説して頂いたので勉強になることばかりでした。

 

今回参加して頂いた作家さんは、小松崎広子さん、原田丕さん、渋谷和良さん、山口啓介さん、門田光雅さんです。

貴重なお話をありがとうございました!

 

 

 

 

コメントを残す