2015_アートプログラム青梅 感性を開く

12th Art Program Ome 2015

感性を開く―一人ができること

会期;2015年10月17日(土)~11月15日(日)

 

会場

青梅市立美術館・市民ギャラリー

 詳 細 
・時間;9:00 ―17:00 入館16:30まで、月曜日休館
・入場無料

 

青梅織物工業協同組合施設 [BOX KI-O-KU、SAKURA FACTORY]

 詳 細 
・時間;10:00 ―17:00 月曜日休み
・入場料;200円、大学生以下無料

 

吉川英治記念館

 詳細 
・時間;10:00―16:30(入館16:00まで)月曜日休館
・入場料;大人500円、中高大学生400円、小学生300円 本チラシ持参100円引き

 

参加作家

[青梅市立美術館]
清原 亮|中田有華
[BOX KI-O-KU] 川鍋 達|鈴木 光|玉川みほの
[SAKURA FACTORY] 内田あぐり|鋤柄大気|二藤建人|宮本万智
[吉川英治記念館 ] 関 直美|松本 隆|原田 丕
[旧稲葉家住宅 ] 作間敏宏|戸谷成雄
[都立青梅総合高等学校・講堂裏屋外] 母袋俊也
[KUBOKADEN 青梅駅前店 ]吉田藍子
(展示場所、アイウエオ順)

 

「感性を開く―一人ができること」

身近な携帯電話でも、全方位システムの要である人工衛星でも、モノの生産 には多くの人が関わっている。設計者がいて、部品を加工する人がいて、そ れらを組み立てる人がいる。私たちの身の回りにあるモノは、科学技術に裏 付けされた特別のものでなく机や椅子であっても、人がより効率的に、快適 に生活できることを目的に、多くの人の手を経てつくりだされる。 ところが、アーティストと呼ばれる人たちの作品 ( 製品 ) は、おおむね一人で つくられる。中には、業者に発注して仕上げる人はいるが、その原型を構想 することにおいて、本人が責任を負っていると言ってよいだろう。そしてそれ は「快適に」という言葉に多少触れることはあっても、「効率的に」という言 葉とは無縁である。とすれば何を目論んでいるのだろうか。 私たちの住んでいる世界には、例えば、様々な植物が生息していて、その葉 がなぜこんなに多種多様な形をしているのか、枝振りをしているのか、不思 議に思う。アーティストはそんな何か、今まで日常の忙しさにかまけて見過 ごしていたこと、新たな関係、あるいはまた人の内面の諸相や不条理に気付 こうと努力しているのだろうか。人が本来持っている原初的な「描く」、ある いは「つくる」という衝動や感覚。それを素にして、言葉では掬いきれない 何ものかを、他者に見え、感じられるようにする。新たな感性を開こうとして いると言ったらよいのだろうか。それは、あくまで個の力を信じた一人によ る手作業なのだ。
大橋紀生

 

関連企画

オープニング・レセプション

 詳 細 
・日時;2015年10月17日 ( 土 ) 17:30-18:00(その後懇親会)
・会場;青梅織物工業協同組合事務所2階

 

シンポジウム「感性を開く― 一人ができること」

 詳 細 
・日時;2015 年10 月17日(土)14:00-17:00
・会場;青梅織物工業協同組合事務所2階

基調講演

 詳 細 
・基調講演;本江邦夫(多摩美術大学教授)14:00-15:00
(休憩15分はさんで)座談会 15:15-17:00
参加者;本江邦夫、関 直美、中田有華、鋤柄大気、母袋俊也、(司会)大橋紀生

ワークショップ「まちでペタペタ、ねんどでデコボコ」

 詳 細 
日時;10月25日(日)13:30-15:30
会場;青梅織物工業協同組合[BOX KI-O-KU]
講師;古屋崇久(美術家)
対象;幼児から小学校 6 年生まで(未就学児には保護者一人の同伴をお願いします)
定員;15名
参加費;無料(予約不要。当日時間までに、会場にお越しください)

 

鑑賞教室

 詳 細 
日時;日時;11月4日(水)会場;青梅織物工業協同組合施設 青梅市立霞台小学校5年生 講師;鈴木斉、原田 丕
nbsp; 

アーティスト交流授業

 詳 細 
(市内小学校3校において実施 講師;松本 隆、吉田藍子、原田丕)
助成;(公)青梅佐藤財団

 

同時開催 4大学学生展 「線を超えるか―溶け込む違和感―」

 詳 細 
・会期;2015年10月17日 土 11月15日 日 10:00-17:00(月曜日休み)
・時間;10:00―17:00(月曜日休み、ただし24日は開場し25日休み)
・参加大学;武蔵野美術大学、東京造形大学、名古屋市立大学
・展示エリア;青梅市街

 

交流座談会

 詳 細 
・日時;11月1日(日)16:00-18:00
・会場;青梅織物工業協同組合2F

 

ガイド・ツアー

 詳 細 
(出品学生と一緒に作品を見て歩きます)
・日時;11月1日(日)14:00-16:00
・集合場所;青梅駅前・MOギャラリー
・協力;NPO法人「青梅街づくりネットワーク」

 

ぺたぺた青梅(景品は、青梅市内の小中学生向け)

 詳 細 
日時;本展覧会期中
協力:(有)柳丸、青梅ブランドプロジェクト

 


主催;アートプログラム青梅実行委員会 www.art-program-ome.com 代表|原田丕 事務局|村井旬
共催;青梅市、青梅市教育委員会
助成; 芸術文化振興基金、青梅市まるごとアート支援事業(、公)朝日新聞文化財団、(公)青梅佐藤財団
協賛;武蔵野美術大学、東京造形大学、名古屋市立大学
協力;青梅織物工業協同組合、吉川英治記念館、旧稲葉家住宅、都立青梅総合高等学校(、株)KUBOKADEN、NPO 法人「青梅の青少年を育てる会」、青梅ブランドプロジェクト、有)柳丸、滝ノ上町、上町、仲町、本町、住江町、西分町、勝沼、青梅宿アートフェスティバル実行委員会、NPO 法人「青梅街づくりネットワーク」、Dining Gallery 繭蔵 後援;青梅商工会議所、青梅市観光協会、(株)西多摩新聞社、多摩ケーブルネットワーク(株)(、株)西の風新聞社
問い合わせ先;アートプログラム青梅実行委員会代表|原田丕 〒205-0015 東京都羽村市羽加美 1-19-12 TEL&FAX 0425-54-4963