アートプログラム青梅_2014

12th Art Program Ome 2014

まなざしを織る

会期;2014年11月8(土)~12月7日(日)

 

会場

青梅市立美術館

 詳 細 
・時間;9:00 ―17:00 入館16:30まで、月曜日休館(11月24日は開館し25日は休み)
・入場料;200円、小中学生50円、参加大学学生(明星大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、名古屋市立大学)は学生証提示で無料

 

青梅織物工業協同組合施設 [BOX KI-O-KU、SAKURA FACTORY、更衣室]

 詳 細 
・時間;10:00 ―17:00 月曜日休み(11月24日は開場し25日休み)
・入場料;200円、大学生以下無料

 

吉川英治記念館 [11月8日(土)〜30日(日)まで]

 詳細 

・時間;10:00―16:30(入館16:00まで)月曜日休館(11 月24日は開館し25 日は休み)
・入場料;大人500円、中高大学生400円、小学生300円 本チラシ持参100円引き

 

参加作家

[青梅市立美術館]
加納光於
川越悟
小滝雅道
酒井祐二
中津川浩章
原田丕
マルティン・ファウゼル
母袋俊也
山口啓介
山路紘子
[BOX KI-O-KU]
大隅秀雄
カナイ サワコ
戸谷成雄
[SAKURA FACTORY]
浅野彌弦
木村幸恵
[更衣室]
作間敏宏
[吉川英治記念館]
塩野麻理
渋谷和良
(展示場所、アイウエオ順)

 

まなざしを織る

人はものを見る時、対象物に当たった反射光や対象物から発せられる透過光を網膜で受け取り、その視神経への刺激の差によって、物の形態、色彩、奥行き、運動、位置関係を見分けると言われている。特に立体物を知覚する際の奥行きは、対象物にピントを合わせる際に必要な眼筋の収縮の差や、両眼視した時の右目と左目で見える像の位置または視方向が異なる視差を手掛かりにしている。
他者がものを眺める目あるいはものに対して投げかける視線を「まなざし」と言うなら、作品はその経糸に緯糸を絡ませて織り上げる織物。その経糸としてのまなざしは体の動きにつれて移動し、前後・左右へと空間的な振幅がある。さらに、作者の投げかける緯糸も、線状をなすものばかりでなく、思いのこもった文字や記号、言葉や音声あるいは身振りや物そのものかもしれない。つまり「織る」と言っても、鮮やかな紋様を提示するだけでなく、そこには様ざまな作者の意図を含んだ表現がある。見る者の経験によってこれまでに蓄積された記憶を刺激し、既成のまなざしを拡張する。生命体としての自身の在りようを問い掛け・再認識させるきっかけを与えてくれるようなもの。そんな巧みな織物が、今の時代に意味のある作品と呼べるのではないだろうか。
はたして、今回展示される作品が、すぐれた織物になっているかどうか……。
大橋紀生

 

関連企画

オープニング・レセプション

 詳 細 
・日時;2014年11月8日(土)13:00-13:30
・会場;青梅市立美術館1F市民ギャラリー

 

シンポジウム「まなざしを織る」

 詳 細 
・日時;2014年11月8日(土)14:00-17:00
・会場;青梅市立美術館1F市民ギャラリー

基調講演

 詳 細 
・講師;松本透(東京国立近代美術館副館長)14:00-15:00
(休憩15分はさんで)15:15-17:00
座談会;松本透、中津川浩章、木村幸恵、浅野彌弦、渋谷和良(司会)大橋紀生

ワークショップ

 詳 細 
日時;11月16日(日) 13:30-15:30
会場;青梅市立美術館1F市民ギャラリー
講師;成清北斗(武蔵野美術大学 大学院修士課程)
対象;幼児から小学校6年生まで(未就学児には保護者一人の同伴をお願いします)
定員;15名
参加費;無料(予約不要。当日時間までに、会場にお越しください)

 

アーティスト交流授業

 詳 細 

青梅市内小学校3校において

講師;渋谷 和良、原田 丕
*小学生による制作物は、本展覧会期中、青梅市立美術館1Fに展示されます。

協力;青梅佐藤財団

アーティストによるギャラリー・トーク

 詳 細 
・日時;11月15日(土)、29日(土)各日14:00-15:00
・会場;青梅市立美術館1,2F展示室
・定員;20名(先着順、予約不要、当日時間までに会場にお越しください)
・参加費;無料(ただし要観覧料)

 

青梅市立美術館鑑賞教室

 詳 細 
日時;11月18日(火)青梅市立第5小学校生徒 講師;鈴木斉

 

同時開催 4大学学生展 「思いを紡ぐ街」

 詳 細 
・会期;2013年11月8日(土)→12月7日(日)
・時間;10:00―17:00(月曜日休み、ただし24日は開場し25日休み)
・参加学生;明星大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、名古屋市立大学
・展示エリア;青梅市街(滝の上町、上町、仲町、本町、住江町、西分町、勝沼)都立青梅総合高等学校敷地内-講堂周辺

 

座談会

 詳 細 
・日時;11月30日(日)15:00-
・会場;青梅織物工業協同組合2F
・司会;学生代表

 

ガイド・ツアー

 詳 細 
(学生代表が会場をご案内します)
・日時;11月16日(日)11:00-12:30
・日時;11月30日(日)13:00-14:30
・集合場所;青梅駅前・MOギャラリー
・協力;NPO法人「青梅街づくりネットワーク」

 

ぺたぺた青梅(景品は、青梅市内の小中学生向け)

 詳 細 
日時;本展覧会期中
協力:青梅佐藤財団

 


主催;アートプログラム青梅実行委員会 www.art-program-ome.com 代表|原田丕 事務局|村井旬
共催;青梅市、青梅市教育委員会
助成;芸術文化振興基金、青梅市まるごとアート支援事業、青梅佐藤財団
協賛;明星大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、名古屋市立大学
協力;青梅織物工業協同組合、吉川英治記念館、都立青梅総合高等学校、NPO法人「青梅の青少年を育てる会」、青梅ブランドプロジェクト、(株)柳丸、滝の上町、上町、仲町、本町、住江町、西分町、勝沼、
青梅宿アートフェスティバル実行委員会、NPO法人「青梅街づくりネットワーク」、Dining Gallery 繭蔵
後援;青梅商工会議所、青梅市観光協会、西多摩新聞社、多摩ケーブルネットワーク、西の風新聞社
問い合わせ先;青梅市立美術館|〒198-0085 東京都青梅市滝ノ上町1346番地 TEL0428-24-1195 FAX0428-23-8229
事務局代表|原田丕0425-54-4963